« 呪われた作家たち11 | トップページ | 笑うことの無力と罪 »

呪われた作家たち12

 1944年、ジャン・ジロドゥが逝去した際、ピエール・ドリュ・ラ・ロシェルは日記に、「ジロドゥ死去。これほどわたしに反感をもよおさせる性格と、腹立たしい状況認識の才人を、そういつも褒めたたえてきたわけではない。彼はわれらがフランス人、特に1920年から1940年のフランス人の典型だ。[…]口先だけの好戦家をボロクソに言った『トロイ戦争は起こらないだろう』を書いておきながら、『大権』を発表、プロパガンダ大臣に就任するという卑劣な改詠詩でとどめを刺した」と記して(『ドリュウ・ラ・ロシェル日記1939-1945』有田英也訳、メタローグ、痛烈にジロドゥの変わり身を批判した。

 ジロドゥは、対独協力作家ではない。しかし、文学でも政治でも彼の存在は大きく、大戦間期から第二次大戦中のフランスの文壇を知るには欠かせない人物である。
1882年生まれの彼は、1909年に『田舎の女たち』でデビュー。その後、外務官僚になり41年に退職するまで、作家であり外交官であった(この頃のフランスの外交官には、ポール・クローデルやポール・モランなどの作家がいた)。

 ドリュが揶揄しているように、たとえば、トロイのヘクトールとギリシアのユリシーズが何とか戦争を回避しようとする努力(結局は水泡に帰すのだが)を描いた『トロイ戦争は起こらないだろう』をはじめとして、第二次大戦以前にジロドゥの描いた著作には、仏独協調の夢がしばしば読み取られる。


 ユーモアを放つ気取った、まさにprécieuxな文体を駆使したジロドゥだが、
30年代に発表した文章を集めた『大権』では、同化政策を担当する「人種省」の設立を唱え、今日から見れば驚くべき次のような文章を発表していた。「この国は軍事境界線だけでは一時的にしか救われまい。国が完全に救われうるのはフランス人種によってでしかなく、私たちは、一つの政策は人種的であるときに初めて優れた形をとると言明するヒトラーにまったく賛成である。なぜならそれはまた、コルベールやリシュリューの考えでもあったのだから」(Jean Giraudoux, De Pleins pouvoirs à Sans pouvoirs, Julliard

 なるほど、これは官僚の視点で人口の増減について論じたものであるし、当時の
raceという言葉も「人民」というほどの意味合いだったとは言える。だが、ナチスを逃れてライン川以東から多くのユダヤ人が移住してきた当時のフランスでは、ナチスを警戒するジロドゥのような人からもこのような発言がなされていたのであり、少なくともこの点で彼は、「フランス人の典型」として、頽廃した純然たる祖国を再建すべしという社会の雰囲気を象徴していたのだ。

 そして、戦争が不可避だと予想された
19397月、フランス政府は、国防の観点から、ゲッベルスが宣伝相を務めるドイツに対抗すべく、プロパガンダと検閲を任務とする情報局の総裁にジロドゥを任命する。彼は粛々とこの新たな任務を引き受け、仏独間で交戦が起こらなかった「奇妙な戦争」の間、共産主義者の書物などを禁じ、総動員についてラジオで国民に語りかけ、ドイツではなくヒトラーに対する戦争なのだとアメリカに向けて訴えた。

 
1940年夏、フランスの敗北に及んで総裁を辞したジロドゥは、ペタンに信頼を寄せはしたが、41年初めに政府から退職勧告される。そして「ドイツおよび仏独協働や新生ヨーロッパ、反ボルシェヴィキ戦線やその他のあらゆる対独協力的なテーマについては、ただの一行も記さなかった」(Jacques Body, Jean Giraudoux, Gallimard

 しかし彼は、
41年刊の評論集『文学』の序文において「フランスの詩人や作家、哲学者たちが考えてきたようなフランスの運命は、人類がその普遍的な運命に抗して見出した、もっとも精妙な拠り所なのである」と記してフランス文化の誇りを守ろうとし(Jean Giraudoux, Littératures, Gallimard、実際に二つの戯曲を発表する傍ら、検閲官ゲルハルト・ヘラーには、自分は英米に対する仏独の友好を信じると述べたのだった。

 そんななか、
19441月末、唐突な死がジロドゥを襲う。その死はあまりに突然だったため、当時はドイツ側による毒殺ではないかとの噂が流れたほどだ。葬儀には、大使や高級官僚、そしてヘラーのほかに、ガストン・ガリマール、ジャン・ポーラン、マルセル・ジュアンドー、ジョルジュ・シュアレス、ジャン・コクトーら、パリに留まっていた文学界の名士たちが参列した。

 彼の死去から半年後、パリは連合軍によって解放。ジロドゥの衒いを嫌っていたドリュもまた、
45年、自害してこの世を去った。一方、すでにアルベール・カミュの『異邦人』が42年に、ジャン=ポール・サルトルの『存在と無』は43年に、それぞれ刊行されていた。こうして、一つの時代が終わった。そして、禍々しき熱狂に満ちた粛清を経て、「抹殺すべき四年間」を封印しながら、フランス文学は新たな幕を上げるのだった。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 第二次大戦期のフランス文学をめぐる過去の連載の転載は今回をもって終わるけれど、一つの時代、それも思い出したくもない時代にどうけりをつけるのか、という問いは、どの国においても、もちろん日本においても、そもそもそれが問いとして認識されるのかどうかという点まで含めて、どうしても現在の問題として浮上してくるのだろう。フランスでは、第二次大戦期について はかなり抑圧が緩んできたような気がするが、アルジェリア戦争(とりわけharkiや拷問など)については、まだタブー視されているような印象がある。

|

« 呪われた作家たち11 | トップページ | 笑うことの無力と罪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78531/60302076

この記事へのトラックバック一覧です: 呪われた作家たち12:

« 呪われた作家たち11 | トップページ | 笑うことの無力と罪 »