« 生き残ろうとする理由 | トップページ | 謹賀新年 »

「かたち」と「あり方」

・田中康夫『33年後のなんとなく、クリスタル』(河出書房新社、2014年)

授業で『なんとなく、クリスタル』(新潮文庫)に言及することもあり、1980年代の日本で記号としての生活を送っていた登場人物たちはいったいどうなっているのだろうと興味が湧き、読んでみた。

『なんとなく、クリスタル』と同じく膨大な註が付され、これまた同様に表参道で締めくくられる本書を読み終えた時、なるほどそうだよね、と思うことがあった。それは、『なんとなく、クリスタル』もまた、本書と同様に、実は、「かたち」ではなく、「あり方」をこそ描いていたのだ、ということだ。

「恋愛や経済だけでなく政治も社会も、その「かたち」ではなく、その「あり方」こそが、常に問われている。戦争の終結に象徴される大多数の人々が待ち望んでいた「大文字」の変化が実現した後、それぞれ多種多様に異なる「小文字」の改善を人々が求め始める局面においては、とりわけ。」(232ページ)

『なんとなく、クリスタル』の登場人物たちは、「主体性がない」などと批判されたようだが、学生運動が退潮した後、消費社会の到来とともに生き始めた彼ら彼女らは、大きな枠組みではなく、周囲の空気のなかで「ちょっぴり贅沢な渇き」を抱きながら生きていた(251‐252ページ)、ということなのだろう。末尾に合計特殊出生率や老年人口比率の予想データが掲載されていた以上、あの物語は明らかに、時代の雰囲気を切り取った批評的散文だった。

人口が減少するなら、小さい規模での社会の幸福を考えればよいのに、なぜか右肩上がりの思考法だけは問われることがないままに、右肩上がりを持続させる方策ばかりが論じられてしまう。「飢餓や疾病に苦しむ、凄惨な状況ではない。けれども、日々の暮らし向きの中で人々は、少なからず”喉の渇き”を感じているのだ。”思想や良心”といった一人ひとりの立ち位置を超えて誰もが、日本の現在に、そして未来に」と、やはり本書もまた、時代の雰囲気をスパッと切り取ってくれる(252ページ)。

そして、登場人物たちが、二度の大震災を経た今日の日本を生きる本書では、「出来る時に出来る事を出来る人が出来る限り」ということばが幾度も繰り返され、登場人物たちを突き動かす原動力になっているかのようだ。そしてその言葉は、なかでも、南アフリカで眼鏡を通じて社会貢献を行おうとする由利を支えている。

貧しい国で、眼鏡を無料で配布するのではなく、誰もが手の届く値段で販売し、さらに、検眼から販売に至る過程を現地の人に研修していくというそのプログラムについて、「差し上げるだけなら、単なる施しでしょ。この取り組みは違うの。そこに私は共鳴したのよ」と言う彼女は、「尊厳と言ったらおおげさかな。でも、自分で自分の眼鏡を選ぶ喜びを得られるって、とても大切なことだと思うの。自分に合った眼鏡があれば、仕事も勉強も、そして家事や育児にも、意欲が湧いてくるでしょ。売ったらそれで終わりではないのも、私はいいなぁと思った。[…]」と語る(155ページ)。

言葉や触れ合い(「ペログリ」)だけではなく、商売もまた、単なる利潤の追求を超えて、本来は人と人を温かく繋ぐものだったはずだ。

精神障害を抱えた人々が共同生活を送る北海道は浦河の「べてるの家」にかんする本には、「べてるの家」が商売を始めた頃について、次のような記述がある。

「「医療」や「福祉」や「行政」の枠のなかにいるかぎり、彼らはいつも病人、すなわち治すべき人びとである、障害者、すなわち社会復帰しなければならない未完の存在だった。[…]ところがそこから一歩出て商売の世界に入れば、医療の世界にはけっしてありえない出会いがあり、連帯があった」(斉藤道雄『悩む力』みすず書房、2002年、84ページ)。

金銭がさらなる金銭を生み出す大きな動きに個人が翻弄されかねない時代にあって、利潤を追求しないというあり方もあるかもしれない。けれど、利益を上げない限り、「施し」の対象に固定されてしまいかねないのならば、まずは商売の可能性を広げてみるというあり方もあるのだろう。

障害者の就労を目指す「施設」ではなく、障害者が戦力となる「商売」。それを、スワンベーカリーで成り立たせている小倉昌男は『福祉を変える経営』(日経BP、2003年)で何度も、経営の観点を福祉に導入する可能性と重要性について語り(とはいえ実のところ、本書は業績を誇る言葉が繰り返される印象があり、ビジネスマンの本を読み慣れない私にはいささかしんどいものではあった)、知的障害者を主とする障害者雇用率7割の日本理化学工業の大山泰弘は、『働く幸せ』(WAVE出版、2009年)のなかで、チョーク――ちなみに、私の勤める日大商学部もこの会社のチョークを導入――の製造ラインを工夫することで、その製造はほぼすべて障害者に任せられるようになったばかりか、彼ら彼女らが誇りをもって働くようになったことを記している。

社会や国の「かたち」を考えることはもちろんとても大切なことなのだろうが、そればかりに囚われてしまうと、障害者や貧しい人は「施し」の対象にしかならず、「だから保障費が必要なのだ」という議論になりかねない。それに対して、ひとたび「あり方」を考えてみるならば、社会や個々人が障害者や貧しい人から学ぶということがあっても、なんら不思議ではない。

|

« 生き残ろうとする理由 | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78531/60871843

この記事へのトラックバック一覧です: 「かたち」と「あり方」:

« 生き残ろうとする理由 | トップページ | 謹賀新年 »